MENU

NEWS記事詳細

札幌EC-CUBE(イーシーキューブ)の「メリット」「デメリット」

北海道札幌市でEC-CUBE(イーシーキューブ)の制作をしているアットプラスデザインです。
EC-CUBE(イーシーキューブ)とは2006年にオープンソースとして公開されたECサイト向けのコンテンツ管理システム(CMS)です。
独立行政法人情報処理推進機構の「第3回オープンソースソフトウェア活用ビジネス実態調査」において、EC構築オープンソースとして国内No.1シェアを獲得。
ECマーケティング株式会社が行ったネットショップ動向調査では、「月商1000万円以上で利用されているカートシステム」利用数でもNo.1を獲得しています。
カスタマイズ性に優れたシステムのため柔軟にシステムを改修することができ、EC事業の拡大とともにECシステムを成長させることができます。
EC事業拡大に合わせてシステムを乗り換えする必要なく、EC-CUBEを成長させることで変更作業を行った上でそのまま使えます。
オープンソースとして公開されているEC-CUBEは、パッケージ本体を誰でも無料で利用できるため、ネットショップ構築のトータルコストを抑えられるメリットがあります。もちろん、無償のEC-CUBEであってもサーバ費・サーバの維持費・メンテナンス費用、ドメインの取得・ドメインの維持費用などのランニングコストは最低限必要となります。

<EC‐CUBEのメリット>

□開発コストを抑えてECサイトを作れる
EC-CUBEを利用するメリットとして挙げられるのが、製作コストの安さです。もしも、ECサイトを独自に開発しようと考えた場合、ゼロから設計を行う必要がある分、開発に掛かるコストも増大します。EC-CUBEを使えば、ECサイト製作に必要な機能が揃っているおかげで、コストを抑えてサイト製作を行うことが出来ます。

□標準でECサイトに必要な基本機能がほぼ揃っている
すぐにでも営業を開始するために、まずはパッケージに基本機能が組み込まれている必要があります。
EC-CUBEでは、ECに必要な基本機能は標準搭載されている他、追加機能はプラグインという形でも提供されており、必要な機能だけを導入することができます。
特に、ECに欠かせない決済機能は充実しており、一例として、「EC-CUBEペイメント」と呼ばれる決済サービスなどが公式のストアである「オーナーズストア」から提供されています。

□カスタマイズ性が高い
ECサイトを作るうえで、カスタマイズ性の高さもEC-CUBEのメリットと言えます。例えば、サイトデザインの面では、豊富なテンプレートの中からデザインを選べるので、サイト運営者や商品のイメージに合ったECサイトの製作を行うことが可能です。また、機能面においても、数多くのプラグインが充実しています。「商品をもっと速く表示させたい」、「ECサイト内に自動翻訳機能を付けたい」、「定期販売がしたい」といった細かな要望も、すべて拡張機能で対応が可能です。

□情報共有できるコミュニティが充実している
EC-CUBEは開発や店舗運営に関わる人に向けたコミュニティが充実しています。困ったことがあっても、ほかのユーザーにすぐに質問できる体勢は整っているため、初心者でも問題解決がしやすい点も特徴です。EC-CUBEは日本で作られたソフトなので、国内の利用者が多く、日本語で質問しやすい環境が整っています。

<EC‐CUBEのデメリット>

□障害・トラブルについては全て自己責任で対応する必要があります。
他の有料ASPやパッケージで何らかの問題が発生した場合は、障害や契約の内容にもよりますが提供側の責任が問われます。
しかし無償利用可能なオープンソース版のEC-CUBEはGPLライセンスであり、これは使用中のトラブルに責任を持たないと明示しています。
基本的な機能はそのままで利用することができますが、本格的なカスタマイズを行う際にはPHP・HTML・CSS・JavaScriptなどのコーディングなどのスキルが求められます。
プラグインで実現できない機能を追加するには、PHPのプログラミングスキル、または独自プラグインの開発スキルが必要です。
またWordPressなどと同様、セキュリティや脆弱性対策について常に気にしておかなければならない側面もあるでしょう。
またEC-CUBEが標準サポートしていない関連商品・ランキング表示などの機能は、プラグインを導入しないと利用することができません。
自由度が高いということは扱えるだけの技術力が必要ということです。
アットプラスデザインは早期からEC-CUBEについても社内勉強会を通じて経験・実績・技術力を上げてきました。

<EC-CUBEの動作環境>

EC-CUBEを動作させるためには、以下のシステム要件を満たす必要があります。またEC-CUBEのバージョンによって、システム要件は若干異なります。
最新版はバージョン4.2になります。

WebServerApache2.4.x
(mod_rewrite / mod_ssl 必須)
PHPPHP7.4 〜 8.1
DatabasePostgreSQL10.x 〜 14.x
(pg_settingsテーブルへの参照権限 必須)
DatabaseMySQL5.7 or 8.0
(InnoDBエンジン 必須)
DatabaseSQLite(開発用途向け)3.x

<PHPライブラリ>
必須ライブラリpgsql / mysqli (利用するデータベースに合わせること)
pdo_pgsql / pdo_mysql / pdo_sqlite (利用するデータベースに合わせること)
pdo
phar
mbstring
zlib
ctype
session
JSON
xml
libxml
OpenSSL
zip
cURL
fileinfo
intl
GD
推奨ライブラリhash
APCu / WinCache (利用する環境に合わせること)
Zend OPcache

<動作確認ブラウザ>
WindowsEdge 最新
 FireFox 最新
 Google Chrome 最新
MacSafari 最新
iOSSafari 最新
Android標準ブラウザ 最新

<決済サービスの導入>

EC-CUBEインストール後、まず最初にやるべきはネットショップに必要不可欠な「決済サービスの導入」です。特にクレジットカード決済に関しては、審査に1か月以上かかる場合がほとんどのため、早めの行動が必要です。
公式サービスの「EC-CUBEペイメント」「EC-CUBEペイメントライト」以外にも、多種多様なサービスが利用可能です。無料で利用できるEC-CUBEは、ECサイトの企画/デザイン/コーディング/開発 / 維持管理/運用の知識が求められます。貴方がECビジネスに集中し成功させるポイントは何か?それはトータルにサポート出来る会社を選定する事です。札幌のアットプラスデザインにご相談下さい。