MENU

NEWS記事詳細

札幌Shopify(ショッピファイ)の「メリット」「デメリット」

北海道札幌市でShopify(ショッピファイ)の制作をしているアットプラスデザインです。
Shopify(ショッピファイ)は、カナダ発祥のECサイト構築サービスです。
主に海外との取引が主体でサブスクリプション型のサービスという点ではShopifyが中心的存在になります。
必要なのは月額利用料のみ。
アカウントを登録するだけで自分のECサイトを立ち上げられるので、自社サーバーを用意する必要がありません。
Shopifyは、もともと海外を中心にサービスを展開していましたが、2017年に日本へ上陸しました。

「Shopifyのメリット」

□低コストで導入できる
ベーシックプランで月額3,000円台と、非常に低コストで利用開始できる点がShopifyの魅力です。
どのプランもShopifyへ支払う初期費用がかからないうえに、状況に応じてプランの変更も出来ます。事業規模に合わせたECサイトの運営が可能となります。スタータープランで5USドル/月、ベーシックプランで25USドル/月、スタンダードプランで79USドル/月、プレミアムプラン299USドル/月、shopily plusプラン2,000USドル/月(取引量が多いサイト、越境(海外販売)EC、BtoB向けの卸売サイト向け)。

□機能拡張性が高い
Shopifyでは、拡張機能となるShopify アプリが6,000種類以上
あり、基本機能に搭載されていない機能もアプリを購入、インストールすることができます。機能拡張性の高さは、Shopifyを導入するメリットです。

□越境ECや海外販売に強い
Shopifyは、越境ECや海外販売に強いというメリットがあります。
世界175ヶ国以上で利用されているため、世界中の決済方法や言語をカバーし、さらに各国の税率への対応などもしています。また、AmazonやeBayなどの、大手海外モールとも連携が可能です。

□外部連携サービスが豊富
さまざまな外部サービスとの連携ができることも、Shopifyのメリットです。
GoogleやInstagramなどのSNSサービスをはじめ、物流サービスやPOSシステム、モール型ECとの連携にも対応しています。日本郵便、ヤマト運輸、佐川急便と提携。さらに世界ではFedEx、UPS、DHLなどの世界3大配送会社と提携しています。

□デザインテンプレートが豊富
Shopifyは、デザインテンプレートが豊富というメリットがあります。
100種類以上から選択可能なうえ、webサイトのメージや見やすさに応じてカスタマイズすることが可能です。弊社ではオリジナルデザインを推奨しています。

□事業規模の変化に合わせてプランを変更できる
Shopifyは、事業規模や利用状況に応じて柔軟にプランを変更することができるため、小規模なECサイトにも、成長中のECサイトにもメリットがあります。
まずは、小規模なECサイトをベーシックプランでスタートし、事業が拡大すればプランを変更してECサイトを拡張することが可能です。同じShopifyというプラットフォームを使っているため、拡張に伴う手間を最小限に抑えることができます。

「Shopifyのデメリット」

□機能によっては英語スキルが必要
Shopifyは、ほとんどの機能を日本語で利用することができますが、一部の管理画面や「Shopify app store」デザインテンプレートは、英語でのみ公開されています。
そのため、機能によっては英語スキルが必要だというデメリットがあります。また、電話サポートも日本語には対応していません。
国内のサポートデスクが対応しているのはメールのみ。
さらに回答までには、3日~7日ほどの期間が必要です。

Shopifyは最低限の機能しか搭載されていないので、目的に合わせたアプリをインストールし、機能を拡充させる必要があります。

□高度なECサイトを作成したい場合は、HTMLやCSSの知識が必要
Shopify以外のプラットフォームでもいえることですが、より高度なECサイトを作成したい場合は、HTMLやCSSの知識が必要であることもデメリットです。
札幌のアットプラスデザインではオリジナルデザインで高度なコーディングをご提案していますのでご安心下さい。

*Shopifyの月額利用料と有料のアプリ複数を使う場合、他のサーバ費が掛かるサービスよりもShopifyの方が高くなる場合がありますのでご注意下さい。