MENU

NEWS記事詳細

東京都立大学 人間健康科学研究科 金子文成准教授研究室 webサイトオープン!        

研究テーマの一つには、
ヒトを対象に,神経科学に基づいたニューロリハビリテーション治療を開発すると共に、神経系システムの原理を巨視的に探求する。
臨床的に、脳卒中後運動麻痺者の脳機能再編と運動機能修復を実現するため、脳内で運動を再現する錯覚誘導システムの製品化と臨床試験、ロボティクデバイスの開発に取り組んでいる。
当研究室では、認知的な身体置換(機能拡張)を行うKINVISの研究やウェアラブル型手指運動アシストロボットの開発およびロボットを用いた基礎研究、臨床試験を行っています。このロボットは、出願済特許3本*を技術シーズとした、重度な運動麻痺を呈した方々が日常生活で自立して使用することを可能とした世界初のロボット開発にも取り組んでいます。

webサイトはこちらからどうぞ!